奈良市のアートギャラリー、ラフォンテーヌでは様々なジャンルの作品を紹介・販売中!

奈良市のバーチャルミュージアム、ラフォンテーヌでは様々なジャンルの作品を紹介・販売中!

劣化を防ぐために…古美術品の取り扱い方

La Fontaine home > 劣化を防ぐために…古美術品の取り扱い方

絵画や掛け軸屏風など、せっかく手に入れた美術品は、長く楽しみたいものです。特に、古美術品は扱い方によっては作品を傷めてしまう可能性が高いため、注意が必要です。古美術品を長く楽しむための取り扱い方についてご紹介します。

絵画

絵画

直射日光の当たる場所、湿気の多い場所での設置や保管は、色あせや変色、シミ・カビの原因になります。急激な温度・湿度変化のある環境、高温多湿の場所を避けて、設置・保管しましょう。

劣化を早めないためにも、絵画は自然光で鑑賞するのがベストです。スポットライトを当てて鑑賞される場合、鑑賞する時以外はライトを消すなどして、日常的な照射は避けることをおすすめします。

定期的に額縁のお手入れをすることも大切です。水分を含んだ布で拭くと、隙間から水分が入り込み、額縁内に湿気がこもる恐れがあります。拭き掃除をする際は、柔らかい布で乾拭きをして下さい。
落下を防ぐためにも、額装裏面の金属類・フックの錆やネジの緩みもチェックします。吊り紐で飾っている場合、紐の劣化や結びの緩みも併せてチェックしておくと安心です。

掛け軸

掛け軸

掛け軸は、気温・湿度の変化に対して敏感です。気温・湿度変化の大きい環境に置いていると、シミ・カビの原因になる他、虫を呼び寄せたり、大きく波打って型崩れをおこしたりする恐れがあります。掛けっぱなしでは傷みやすいため、掛け替えを行うなどして定期的に休ませることが大切です。
しかし、梅雨時期など湿気の多い時期に掛けていた掛け軸をそのまま折りたたんでしまうと、掛け軸の中に湿気がこもってしまい、カビの発生や裏打紙の浮きに繋がります。乾燥した日に陰干しを行うなどして、よく乾燥させてから保管して下さい。保管する際は、掛け軸用の防虫香も一緒に入れておくとより安心です。

風が直接当たる場所に掛けていると、反りや硬化してしまうことがあります。飾る際は、クーラーや扇風機、ヒーターなどの風が直接当たらないように工夫しましょう。

屏風

屏風は、横幅の広い作品であるため、持ち運び・移動の際にも注意が必要です。

屏風を取り扱う際は、作品を汚さないために手を洗い、屏風の縁を持ちます。貴重なものや素手で触ると金箔が剥がれてしまう金屏風などは、手袋をして扱います。
屏風は、折り曲げることで自立します。屏風を広げる際は、屏風が不安定になるため、安定しやすいように屏風の中央から広げ、右側や左側を広げていきます。

古美術品を通販でお取り寄せするなら、ラ・フォンテーヌをご利用下さい。観光名所として人気のあるミホミュージアムからも近い奈良市で、古美術品の紹介・通販を行っております。通販作品やオーダーメイドに関してご不明点などございましたら、お気軽にご質問下さい。

屏風や掛け軸など人気のおすすめ古美術品の通販

古美術品の通販【バーチャルミュージアム ラ・フォンテーヌ】 概要

運営事業者 小倉歯科技工所(ODL)
所在地 〒630-8441奈良県奈良市神殿町181-82
電話番号 0742-23-2057
FAX 0742-55-8222
URL http://www.gallery-odl.com/
業務内容 バーチャルミュージアム(インターネット上の美術館・アートギャラリー )
現代絵画・オリジナルアクセサリー・古美術品等の販売
説明 バーチャルミュージアム「ラ・フォンテーヌ」では、様々なアート作品をご鑑賞頂きながら、美と健康長寿をテーマに思考空間を散策して頂けます。展示作品は現代絵画や風景画・人物画などの油絵、掛け軸や屏風などの古美術品など多種にわたります。 人気のアート作品の販売も行っておりますので気になる作品がございましたらお問い合わせください。またオリジナルアクセサリー・シルバーリングの制作も承っております。歯科技工の技術で世界に一つだけの作品をお作り致します。