奈良市のアートギャラリー、ラフォンテーヌでは様々なジャンルの作品を紹介・販売中!

奈良市のバーチャルミュージアム、ラフォンテーヌでは様々なジャンルの作品を紹介・販売中!

絵画の技法について知ろう

La Fontaine home > 絵画の技法について知ろう

アートギャラリーに飾られている風景画人物画などの絵画は、技法によって雰囲気が大きく変わります。絵画を選ぶ際には、どういった技法で描かれているのかという点に注目することも大切です。

水彩画

水彩画

18~19世紀初頭のイギリスで大きく発展した技法で、顔料とアラビアゴムを練り合わせた水彩絵の具を用いて描かれた絵のことをいいます。透明感があり明るい雰囲気が特色です。

» ウェット・イン・ウェット

透明水彩画の最も基本的な技法です。紙に綺麗な水をひき、溶いた絵の具を置きます。紙質や絵の具の量、水の量によって多彩な表現が可能になります。時間との勝負で水が乾いてしまわないうちに塗り終える必要があるため、たっぷりの水を使うのがポイントです。

» にじみ

ウェット・オン・ウェットの際に、紙を少し乾かした後に色や水を置くと、細かく波打つ境界線が現れます。どんなふうに仕上がるのかは乾き具合や紙質により左右されます。

» ドライブラシ

ウェット・イン・ウェットとは正反対で、水をほとんど使いません。固めに溶いた絵の具、あるいは絵の具そのままをキャンバスに塗ったりこすりつけたりすることによって、かすれ効果が得られます。

油彩画(油絵)

油彩画

麻や綿の画布を木枠に張ったキャンバスに、油絵の具を用いて描かれた絵のことをいいます。油絵の具の顔料は鉱物や岩石などの粉を亜麻仁油で溶いたものです。鮮やかな発色と重ねて塗ることで得られる重厚な表現が特色です。

» 平塗り

筆の基本の動かし方で、均一に色を塗る際に用いられる技法をいいます。グラデーションもこの技法で塗ることが可能です。

» スカンブリング

下塗りの色の上から不透明な色を薄くかけ、下塗りの色をとぎれとぎれに見せる技法です。

絵画の表現方法は多彩にあり、作者によって特徴も異なります。好きな作者がいる方は、彼らがどんな技法を使っているのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

アートギャラリーで絵画を購入しようとお考えの方がいらっしゃいましたら、ラ・フォンテーヌをご利用下さい。絵画や民芸品を扱うアートギャラリーで、販売も行っております。絵画作品だけでなく、オリジナルアクセサリーも取り扱っております。オリジナルアクセサリーはオーダーも承っておりますので、好みの作品が見つからないという方におすすめです。アートに興味をお持ちの方はぜひお問い合わせ下さい。

シルバーリングなどオリジナルアクセサリー制作の依頼なら

オリジナルアクセサリー制作【バーチャルミュージアム ラ・フォンテーヌ】 概要

運営事業者 小倉歯科技工所(ODL)
所在地 〒630-8441奈良県奈良市神殿町181-82
電話番号 0742-23-2057
FAX 0742-55-8222
URL http://www.gallery-odl.com/
業務内容 バーチャルミュージアム(インターネット上の美術館・アートギャラリー )
現代絵画・オリジナルアクセサリー・古美術品等の販売
説明 バーチャルミュージアム「ラ・フォンテーヌ」では、様々なアート作品をご鑑賞頂きながら、美と健康長寿をテーマに思考空間を散策して頂けます。展示作品は現代絵画や風景画・人物画などの油絵、掛け軸や屏風などの古美術品など多種にわたります。 人気のアート作品の販売も行っておりますので気になる作品がございましたらお問い合わせください。またオリジナルアクセサリー・シルバーリングの制作も承っております。歯科技工の技術で世界に一つだけの作品をお作り致します。